韓国でビジネスチャンスを掴み取る|文書作成は翻訳会社にオマカセ

男女

翻訳会社の料金算出方法

オペレーター

日本国内の企業において、韓国企業とのグローバルビジネスを行う際には韓国語でビジネスに必要となる文書を作成する必要があります。多くの国内企業は、そういった文書の作成を翻訳会社に依頼するでしょう。また、そういった文書作成の中でも、専門性の高い分野におけるグローバルビジネスにて必要となる文書の作成というのは、技術翻訳と呼ばれるものになります。そういった内容の文書作成を行うためには、韓国語が得意で尚且つその分野の専門知識を豊富に有している必要があります。そういった翻訳を行い文書を作成してくれる翻訳会社のことを、技術翻訳会社と呼びます。
技術翻訳会社に文書作成を依頼する場合、その会社によって料金システムが異なります。多くの場合、その料金システムは原文ベース・完全見積・完成原稿ベースのどれかになるでしょう。原文ベースは、特に多くの翻訳会社が採用している料金システムです。この料金システムでは、日本語から韓国語に翻訳する場合には1文字幾ら、韓国語から日本語にするのであれば1単語幾らといった基準で料金を算出します。また、文字数や単語数で料金を算出する際、句読点やカンマ、ピリオド、カギカッコ、パーレンなどは含めずに算出するのが一般的です。次に、完全個別見積による料金算出について知っていきましょう。完全個別見積というのは、作成する文書の種類や難易度、文章量、緊急度によって料金が算出されるものとなっています。最後に、完成原稿ベースと呼ばれる料金システムについてです。完全原稿ベースでは、文書完成時の文字数によって料金を算出します。そのため、依頼者は事前に料金がどれ程かかるか把握することが難しいのです。また、文書を作成する担当者が故意に文字数を増やし料金を吊り上げることもあるため、この料金システムを採用している翻訳会社は少ないものとなっています。